ナビゲーションを飛ばして本文へ

現在の位置

補助施策

コンポストの貸し出し

本市では、生ごみ堆肥化容器の貸し出しを行なっています。毎日の台所などの生ごみを減量し、できた堆肥を家庭菜園などで活用いただけます。なお、設置には地面が土で1平方メートル程度の空き地が必要です。

申し込み

印鑑を持参の上、資源対策課へお越しください。

以前に貸出しを行っている世帯は申し込みできません。(1世帯につき1台)

コンポスト

有価物集団回収報奨金

集団回収は、住民の皆さんが20世帯以上集まって団体を作り、回収の日程や時間を決めて古紙(新聞・雑誌・段ボール)やアルミ缶などを集め、再生資源業者に引き渡す自主的な活動です。自治会・こども会など80団体の登録があり、年間2回の申請により1kgあたり5円の報奨金を交付しています。

集団回収の流れ

  1. 20世帯以上で営利を目的としない団体を作ります。
  2. 団体名と代表者名の入った預金口座を作ります(個人名のみの口座は不可)。
  3. 回収場所・回収日(市の資源物収集日と重ならないこと)・回収品目を決めます(報奨金対象品目は、新聞・雑誌・段ボール・古布・アルミ缶・紙パックです)。
  4. 資源対策課で団体登録をします(代表者の印鑑をご持参ください)。
  5. 集団回収のスタートです。注意:当該年度において、年間6回以上(半年に3回以上)集団回収を行ってください。

事業所や会社などから発生する古紙などは対象になりません。

有価物集団回収実施団体登録申請書

有価物集団回収報奨金交付申請書兼請求書

有価物集団回収実施団体登録変更届

生ごみ減量化等処理機器購入補助金

本市に住所を有する人で、家庭から出る生ごみを自ら減量化(堆肥化)することを目的とする機器を購入され、できた堆肥を家庭菜園などで使用できる人を対象に補助制度を実施しています。

補助金額 

機器購入金額(消費税抜)の2分の1に相当する額とし、上限2万円(千円未満切り捨て)

申請方法 

生ごみ減量化等処理機器購入補助金交付申請書に機器を購入したときの領収書・保証書(機器の名称及び購入者の住所・氏名が明記されたもの)・自宅設置後の写真を添付して資源対策課へ申請してください。但し、補助金の申請は1世帯につき1度限りです。

手順  

申請書等の提出→現場確認→決定通知書・補助金請求書の送付→請求書の提出→補助金を振込

生ごみ減量化等処理機器購入補助金交付申請書

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記のボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。
お問い合わせ先

市民部 資源対策課

〒599-0201
大阪府阪南市尾崎町532番地
電話:072-483-5876
Eメール:shigen@city.hannan.lg.jp

ページの先頭へ