ナビゲーションを飛ばして本文へ

現在の位置

こどもの予防接種について

 

こどもの予防接種

予防接種には、定期予防接種と任意予防接種があります。

定期予防接種は、国が予防接種法で勧めている予防接種で、種類と接種期間が定められています。

任意予防接種は、予防接種法に基づかない予防接種で、接種者の希望により受けるもので、自己負担が発生し、予防接種法に基づく健康被害救済制度も適応されません。

なお、定期予防接種でも、接種期間以外の場合は、任意予防接種となります。

 

◇定期予防接種一覧

 (個別接種) (委託医療機関で実施:事前に医療機関にご連絡してください。)

 

予防接種名

対象(接種期間)

接種回数

B型肝炎

平成28年4月以降の出生の方で、1歳の誕生日の前日

3回

Hib(ヒブ感染症)

生後2カ月の前日 ~ 5歳の誕生日の前日

1回~4回

小児の肺炎球菌感染症

生後2カ月の前日 ~ 5歳の誕生日の前日

1回~4回

四種混合

生後3カ月の前日 ~ 7歳6カ月の誕生日の前日

初回3回     +          追加1回

不活化ポリオ

生後3カ月の前日 ~ 7歳6カ月の誕生日の前日

麻しん・風しん(1期)

1歳の誕生日の前日 ~ 2歳の誕生日の前日

1回

麻しん・風しん(2期)

平成22年4月2日生 ~ 平成23年4月1日生

1回

水痘

1歳の誕生日の前日 ~ 3歳の誕生日の前日

2回

日本脳炎(1期)

3歳の誕生日の前日 ~ 7歳6カ月の誕生日の前日

初回2回

追加1回

日本脳炎(2期)

9歳の誕生日の前日 ~ 13歳の誕生日の前日

1回

二種混合

11歳の誕生日の前日 ~ 13歳の誕生日の前日

1回

ヒトハ゜ヒ゜ローマウイルス感染症

小学6年生 ~ 高校1年生に相当する女子

3回

 

 (集団接種)  (阪南市立保健センターで実施:予約の必要はありません。)

 

予防接種名

対象(接種期間)

接種回数

BCG

生後3カ月の前日 ~ 1歳の誕生日の前日

1回

 

 

◇委託医療機関以外で定期予防接種を希望される方へ

 阪南市に住民登録があり、接種期間内に委託医療機関で接種できないやむを得ない事情により、委託医療機関以外の市町村で接種することを希望される方は、予防接種費用の助成を受けることができる場合があります。詳しくは保健センターまでお問合せください(※助成金額には上限があります)。

 なお、上記の場合には、必ず接種前に「予防接種依頼書交付申請書」の発行申請を行っていただき、本市からの予防接種実施依頼書の発行を受けたうえで、接種してください。

 

 1.事業開始時期

 平成28年4月1日以降に接種した予防接種が対象となります。

 

 2.予防接種費用の償還払いに必要な書類等

 ・阪南市予防接種費用償還払い申請書兼請求書(要印鑑)

 ・医療機関発行の領収書(原本)(原則返却いたしませんのでご了承ください。)

 ・母子手帳

 ・予診票

 ・振込口座にわかるもの(実施の医療機関でもらってください。)

 ・印鑑

  ※各予防接種の償還上限額までとなりますので、ご了承ください。

 

 3.申請期限

   接種日から1年以内

ページの先頭へ