ナビゲーションを飛ばして本文へ

現在の位置

就学援助制度について

 阪南市教育委員会では、阪南市立小・中学校に在籍する児童・生徒の保護者のうち、経済的な理由により就学が困難な家庭に対し、児童・生徒が学校で学習するために必要な費用の一部を援助しています。

 就学援助を希望される方は、下記概要をお読みのうえ、申請書を提出してください。

 ※以下の内容は全て平成29年度のものです。

対象者

 ・生活が困窮しており、学校生活に必要な費用の負担に困っている世帯

   ※世帯構成により算定される所得の審査基準があります。

 ・前年度または、今年度中に生活保護が停止または廃止になった世帯

 ・生活保護を受けている世帯

   ※申請書の提出は必要ありません。また、修学旅行費と医療費のみの支給となります。

申請方法

 1.提出必要書類

  ・就学援助費受給申請書

    ※4月中旬頃に学校から配布されます。また、教育総務課窓口にて希望者にお渡しします。

  ・以下の添付書類(該当する方のみ)

    <賃貸住宅にお住まいの方のみ>

      ・賃貸契約書の写し(物件の所在地及び家賃額がわかるもの)

    <平成29年1月2日以降に阪南市に転入された方のみ>

      ・平成28年分の所得がわかるもの(以下のうち、いずれか1つ)

        (1)課税(所得)証明書(前居住地の市区町村で発行されたもの)

        (2)特別徴収税額の決定・変更通知書 もしくは 課税明細書

        ※所得の資料は毎年6月頃から発行されますので、後日の提出でも構いません。

 2.提出先

  ・阪南市教育委員会事務局 生涯学習部 教育総務課 (阪南市役所2階26番窓口)

  ・在籍している学校

 3.申請期限

  ・平成29年6月9日(金)まで

    ※期限後も平成29年2月末日までは申請を受け付けますが、申請日からの支給となります。

支給認定と支給方法

 1.認定審査

  ・受給申請に対し、世帯の所得を基に支給の可否を審査決定します。

  ・世帯の所得は、住民基本台帳上で住所が同じ方全員分を合算したものを用います。

  ・平成28年中所得の申告を済ませていない方については認定できません。

  ・平成29年7月頃に、審査結果を申請者宛てに通知します。

 2.認定期間(支給期間)

  <申請期限までに申請し、認定となった方>

    ・平成29年4月1日から平成30年3月31日まで

  <申請期限を過ぎた後に申請し、認定となった方>

    ・申請日から平成30年3月31日まで

 3.支給方法

  ・申請者の指定口座への振込みにより支給します。

    ※学校納入金の未納がある場合は、学校長に支払うことがあります。

    ※学校給食費については、学校給食会に直接支払います。

  ・支給は以下のとおり3回の振込みに分けて行います。

    (1)第1回振込予定日:平成29年9月15日

    (2)第2回振込予定日:平成30年1月31日

    (3)第3回振込予定日:平成30年3月30日

支給内容

 1.支給内容

支給対象費目

支給額

小学校

中学校

1年生

2~6年生

1年生

2・3年生

学用品費

11,420円

22,320円

通学用品費

2,230円

2,230円

新入学児童生徒学用品費

(4月1日時点認定者のみ)

40,600円

47,400円

修学旅行費

実費(限度額21,490円)

実費(限度額57,590円)

校外活動費

泊なし

実費(限度額1,570円)

実費(限度額2,270円)

泊あり

実費(限度額3,620円)

実費(限度額6,100円)

学校給食費

実費

実費

日本スポーツ振興センター共済掛金(5月1日時点認定者のみ)

460円

460円

医療費

別記参照

別記参照

  ※実費は学校からの報告を基とします。

  ※上記の金額は変更となる可能性があります。

 2.医療費について

対象となる病気

 

病名

歯科

う歯(虫歯)

耳鼻咽喉科

中耳炎、慢性副鼻腔炎(急性副鼻腔炎は除く)、アデノイド

眼科

トラコーマ、結膜炎

内科

寄生虫病

皮膚科

白癬(はくせん)、疥癬(かいせん)、膿痂疹(のうかしん)

支給額

治療費自己負担分(保険治療分のみ)

対象期間

当該年度認定日~当該年度末

(年度途中に転出や認定が廃止となった場合は、その前日まで)

申 請 方 法

(1)対象となる病気で医療機関にて受診する際に、学校へ医療券の交付を申請する。

  (この際、保護者及び児童生徒のマイナンバーの写しの提出が必要です。)

(2)約1週間後、学校より保護者へ医療券が交付される。

(3)医療機関にて受診する際に、医療機関窓口へ医療券を提出する。

(4)治療完了後、領収書原本及び医療券を、学校または教育総務課へ提出する。

注意事項

 就学援助認定前に保護者が治療費を負担した場合は、医療機関にて医療券に必要事項を記入押印してもらい、医療券及び領収書を学校または教育総務課へ提出してください。

 翌年度4月10日(土日祝の場合は前日)までに医療券の申請をしない場合は、原則として、治療費を支給することはできません。

 保険適用の入院の費用(差額ベッド代、食事代等を除く)等で費用が高額な場合は、高額療養費を差し引いた分について支給します。

注意事項

 ・世帯構成に変更があった場合は、再度審査が必要となります。必ず2週間以内に教育総務課窓口にて再申請を行ってください。(再申請がない場合は、支給を停止する場合があります。)

 ・振込指定口座を変更される場合は、速やかに教育総務課へ申し出てください。

お問い合わせ先

生涯学習部 教育総務課

〒599-0292
大阪府阪南市尾崎町35-1
電話:072-471-5678(代表)
Eメール:kyouiku-s@city.hannan.lg.jp

Web支援ツール

  • Web支援ツールのイメージ
文字サイズ変更
標準大
背景色変更
標準黒
  • よくあるご質問・FAQ
  • 市役所へのアクセス
  • 各課のご案内
就学・就園に対する支援

ページの先頭へ