ナビゲーションを飛ばして本文へ

現在の位置

平成19年度以前:バランスシート及び行政コスト計算書(総務省モデル)

阪南市は、毎年公表している決算書に加え、市民のみなさんがこれまで負担してきた税金や将来の負担となる市債(借金)などを活用し、行政サービスの手段である道路や公園、学校といった資産をどの程度蓄積してきたのかを含め、市の財政状況をわかりやすく説明するためにバランスシートを作成しています。
また、資産形成以外の行政サービスについて、どのようなサービスにどれだけのコストがかかっているのか、また、その財源がどのようなものかを明らかにするため、行政コスト計算書を作成しています。

1.地方自治体のバランスシートって何ですか?

「バランスシート」は、日本語で「貸借対照表」といいます。
地方自治体のバランスシートは、決算の時点(3月31日)における財務状態を明らかにするために、保有するすべての資産・負債等のスットク状況を総括的に表示したものです。

自治体のバランスシートの仕組み

資産=負債+正味資産

自治体のバランスシートの仕組み

2.行政コスト計算書って何ですか?

バランスシートが、地方自治体の行政活動のうち、主に資産形成につながるものを表すのに対して、医療費の助成や生活保護に係る費用など資産形成につながらないサービスに要したコストとその財源となる収入の状況を表したものを「行政コスト計算書」といいます。

行政コスト計算書の仕組み

行政コスト(表の左側) : 収入(表の右側)

行政コスト計算書の仕組み

平成19年度までのバランスシート及び行政コスト計算書

お問い合わせ先

財務部 財政課

〒599-0292
大阪府阪南市尾崎町35-1
電話:072-471-5678(代表)
Eメール:zaisei@city.hannan.lg.jp

ページの先頭へ