ナビゲーションを飛ばして本文へ

現在の位置

南家住宅 主屋他

名 称 : 南家住宅

種 類 : 登録有形文化財(建造物)

所在地 : 阪南市自然田

登録年月日: 平成17年11月10日 

  南家は江戸時代(410~130年前頃)には当地の(しょう)()( )明治期になると阪南市及び隣接の岬町域の連合(れんごう)()(ちょう)(つと)めました。また大正期から昭和30年代までは、酒屋を営んでいました( )建物は明治・大正・昭和それぞれの時代に応じて改修の手が加わっており( )現在も良好に維持されています( )

  東西70m、南北50mの敷地には主屋(おもや)を中心に蔵や門、附属建物が庭園を囲んで建てられており、敷地の3分の1は垣内(かいと)と呼ばれる、日常生活に関わる多目的作業空間となっています。 

  表門、土塀、主屋、納屋(なや)、蔵3棟が登録されました( )

( )

minamike

表門

Web支援ツール

  • Web支援ツールのイメージ
文字サイズ変更
標準大
背景色変更
標準黒
  • よくあるご質問・FAQ
  • 市役所へのアクセス
  • 各課のご案内
国の文化財登録原簿に登録したもの

ページの先頭へ