ナビゲーションを飛ばして本文へ

現在の位置

波太神社 三十六歌仙扁額

名 称 : ()()神社(じんじゃ) 三十(さんじゅう)六歌仙(ろっかせん)扁額(へんがく)

種 類 : 絵画

所在地 : 阪南市石田

指定年月日: 昭和45年2月20日

  三十六歌仙扁額とは、平安中期の歌人藤原(ふじわらの)公任(きんとう)の『三十六人撰』に()せられた和歌の名人三十六人の肖像画(しょうぞうが)を歌とともに描いた(へん)(がく)()(せん)()の一形式で、室町(むろまち)時代(約620~440前)に発生しました( )

  波太神社所蔵の三十六歌仙扁額は、三十六枚の扁額にそれぞれ一人の歌人とその歌が描かれた(いっ)()(せん)(いち)(がく)形式です。(くろ)(うるし)塗りに鍍金(めっき)の金具で飾られた扁額の大きさは縦51.6cm( )横41.0cmで、三十六面が保存良く伝えられています( )

  三十六歌仙は左右18図ずつに分かれており、またその順番も決まっています。左一番の柿本(かきのもとの)(ひと)()()と右十八番の(なか)(つかさ)の額には「土佐(とさ)(じゅ)五位(ごい)(のげ)刑部(ぎょうぶ)(ごん)大輔(たいふ)藤原(ふじわらの)(みつ)(なり)」の署名と押印が見られ、(げん)(ろく)時代の宮廷絵師である土佐(とさ)光成(みつなり)の筆であることがわかります。土佐光成が従五位下刑部権大輔に(じょ)せられたのが元禄(げんろく)9(1696)年であるため、1700年前後の作と推定されています( )

 

( )

三十六歌仙扁額

      柿本(かきのもとの)(ひと)麿(まろ )()()              紀貫之(きのつらゆき)               中務(なかつかさ)   

ページの先頭へ