ナビゲーションを飛ばして本文へ

現在の位置

箱作  宗福寺の双盤念仏

名 称 : 箱作(はこつくり) (そう)福寺(ふくじ)双盤(そうばん)念仏(ねんぶつ)

種 類 : 無形民俗文化財

所在地 : 阪南市箱作

指定年月日: 平成21年1月16日

  いつ頃組織されたか詳しくは分かりませんが、昭和49(1974)年頃までは( )明治中期もしくはそれ以前の生まれという女性2人( )男性1人により伝承されていました。その後、徐々に講員は増加し現在に至ります( )

  双盤は大小4(ちょう)あり、昭和33(1958)年に鋳造(ちゅうぞう)されたものが割れたため、近年新しく作ったものです。(おや)(かね)を受け持つものは「親」、兄鉦と子鉦を受け持つ3名は全て「子」と呼ばれます( )

 )

宗福寺の鉦講

ページの先頭へ