ナビゲーションを飛ばして本文へ

現在の位置

石田  祐道寺の鉦講

名称:石田 祐道寺(ゆうどうじ)鉦講(かねこう))

種類:無形民俗文化財

所在地:阪南市石田

指定年月日:平成21年1月16日

  戦時中に双盤(そうばん)供出(きょうしゅつ)により中断し、昭和24(1949)年に双盤を新調、復活したものの( )再び途絶えていました( )その後、昭和50(1975)年に再度復活し、継承されています( )供出された双盤に元禄(げんろく)(1688~1703年)の年号が刻まれていたとのことから( )鉦講の始まりは江戸時代中期まで(さかのぼ)ると考えられます( )

  現在用いられている双盤は4(ちょう)あり、全て昭和24年に鋳造(ちゅうぞう)されたものです( )

祐道寺の鉦講

ページの先頭へ