ナビゲーションを飛ばして本文へ

現在の位置

日根郡鳥取郷の製糖用具

名 称 :日根郡鳥取郷の製糖用具
種 別 :有形文化財
所在地 :阪南市尾崎町
指定年月日:平成29年12月22日

 阪南市域では( )江戸時代後期に白砂糖づくりに用いられた、「瓦漏(とうろ)」と呼ばれる底に(あな)が空いた土器が多く出土しています(  )
 白砂糖の製造方法は、しぼった甘蔗(かんしょ)(サトウキビ)の汁を灰汁(あく)を取りながら煮詰めて白下(しろした)(とう)をつくり、それを「瓦漏」に入れ、余分な(みつ)を抜いてつくります。
 遺跡から出土したこれらの資料は(  )当時期の阪南市域における砂糖生産を今に伝える貴重(きちょう)な資料として、阪南市指定有形文化財に指定されました(  )
 

 ※江戸時代、大阪府泉佐野市以南は日根郡、今の阪南市域は鳥取郷と呼ばれていました。

瓦漏

ページの先頭へ