ナビゲーションを飛ばして本文へ

現在の位置

重成家石工用具

名 称 重成家(しげなりけ)石工(いしく)用具(ようぐ)

種 類 : 有形民俗文化財

所在地 : 阪南市尾崎町

指定年月日: 平成22年3月19日

  昭和30年代から平成10年頃の間に、(やま)石工(いしく)(主に採掘場で働き、山から採った石を成形する仕事に従事した人々)であった寄贈者が使用していた石工用具です( )

  ノミやセットウ、ヤ穴(石を割る時に開ける穴( )をあけるのに使用するチッパといった石の採取や成形に使われた用具だけでなく( )ヒバサミやヤスリなど鍛冶に用いられた道具もあります( )

  近年( )減少化傾向にあるこれらの山石工の用具は、本市における石工産業の変遷過程を物語る貴重な資料です( )

重成家石工道具1

セットウ(左) ハゲンノウ(中央・右)

重成家石工道具2

チッパ

ページの先頭へ