ナビゲーションを飛ばして本文へ

現在の位置

貝掛音頭

名 称 (かい)(かけ)音頭(おんど)

種 類 : 無形民俗文化財

所在地 : 阪南市貝掛

指定年月日: 平成20年3月21日

  音頭は文句の順番が関連しない「()(うた)形式」で、上の句と下の句の間に入る笛と太鼓による長い間奏が特徴です( )

  貝掛では明治末から大正初期までは( )貝掛音頭」が踊られていたのは確実ですが( )いつの頃からか踊られなくなりました(      )戦後、盆踊りは復興されたものの( )昭和25(1950)年頃には 「(ごう)(しゅう)音頭」 に変わってしまいましたが( )平成2(1990)年に地元の有志により約40年ぶりに「貝掛音頭」が復活し、現在まで(けい)(しょう)されています

(  )

貝掛音頭

ページの先頭へ