ナビゲーションを飛ばして本文へ

現在の位置

瓦質墓標(宝暦五年銘)

名 称 : 瓦質(がしつ)墓標(ぼひょう)宝暦(ほうれき)五年(めい)

種 類 : 有形民俗文化財

所在地 : 阪南市新町

指定年月日: 平成19年3月13日

  形態は石造墓標でいうと櫛型(くしがた)()(はい)(がた))と呼ばれるもので、宝暦(ほうれき)5(1755)年銘は、泉州地域における瓦質墓標として最古の例です。

  墓標正面には、日をおかずして亡くなった男児と女児の(ほう)(みょう)が記されていることから( )流行(はや)(やまい)で亡くなった可能性が考えられます。石で造ることが通例であった墓標を瓦製としたことから( )()(そう)(しゃ)の親などが瓦製造に(じゅう)()していたと推定されます( )

瓦質墓標宝暦五年銘

ページの先頭へ