ナビゲーションを飛ばして本文へ

現在の位置

ヒトモトススキ

名 称 ( )ヒトモトススキ

種 類 : 天然記念物

所在地 : 阪南市箱作

指定年月日: 平成17年3月24日

   大阪府内では阪南市の(はこ)(つくり)海岸と、縄文時代(約13000~2300年前頃)に海岸線があったとされる東大阪市日下(くさか)にのみ残るカヤツリグサ科の()(ねん)(そう)です( )

   「ヒトモトススキ(一本ススキ)」の名前は( )一株から多数の葉を出し()ススキに似ていることからつけられました( )また、葉がノコギリの歯のようで( )イノシシさえ切れるほど鋭いという意味から(   )別名「シシキリガヤ」とも呼ばれます(  )

(  )

ヒトモトススキ
ヒトモトススキの葉

ヒトモトススキの葉

ページの先頭へ