ナビゲーションを飛ばして本文へ

現在の位置

玉田山2号墳

名 称 : 玉田山(たまだやま)2号墳

種 類 : 史跡

所在地 : 阪南市自然田

指定年月日: 平成16年1月21日

   玉田山1号墳の南東に所在する、直径約12mの円墳とみられる古墳です( )現在は天井部と側壁上部が失われ、横穴式(よこあなしき)石室(せきしつ)()(しゅつ)しています( )

   平成14(  )15(2002・2003)年度の調査により、玄室(げんしつ)(ひつぎ)(おさ)める部屋)は長さ2.80m( )幅1.60m、羨道(玄室に通じる通路)は長さ2.00m( )幅0.90mで、床面には排水溝が設けられていることが分かりました( )出土した須恵器(すえき)から7世紀初頭に築かれたと考えられます( )

 

(  )

出土遺物

石室

玉田山2号墳内部

須恵器(すえき)(つき)()

ページの先頭へ