ナビゲーションを飛ばして本文へ

現在の位置

提案を募集します~アイディアをまちづくりにいかしませんか~

市民協働ってなに?

 

「こんな阪南市にしたい!」と、市民と行政が、お互いの立場を理解し、それぞれ持っている特性を活かし、住みよいまちづくりをめざし、共に力を合わせて活動することです。

市民協働の提案制度ってなに?

 

「阪南市を住みよいまちにしたい」という想いをお持ちの市民公益活動団体の皆さんからの提案を受け、団体と市が対等な関係で、ともに手を取り合って事業を実施し、地域課題の解決などに取り組むことで、「住みよいまち 阪南」の実現にめざす制度です。

募集中

市民協働の提案制度で提案できる団体の要件は?

 

要件をすべて満たしていることが必要です。

(1)市内に事務所又は活動拠点があり、市内で市民公益活動しており、団体(事業者含む)として、原則として5人以上で構成し、1年以上の活動実績があること。

(2)組織の運営に関する定款、規約又は会則等の定めを有する団体であること。

(3)適切な会計処理が行われている団体であること。

(4)原則として、市より団体の運営に関する補助金の交付を受けていない団体であること(市から組織運営に関する補助金を交付されていない団体)

(5)地方自治法(昭和22年法律第67号)等の規定に基づき兼業が禁止される者(本市職員や市議会議員等)が、役員等組織の意思決定に関与できる立場にある団体でないこと。

(6)暴力団でないこと、暴力団若しくは暴力団員の統制下にある団体でないこと。

(7)その他公序良俗に反する団体でないこと。                                  

市民協働の提案制度で提案できる事業の要件は?

 

提案できる事業の要件は、次の要件をすべて満たしていることが必要です。

(1)事業を提案した市民公益活動団体が当該事業を企画し、市との協働により実施することが可能な事業であること。

(2)協働の役割分担が明確かつ適正で、協働で実施することにより相乗効果を生みだすことができ、具体的な効果や成果が期待できる事業であること。

(3)予算の見積り等が適正である事業であること。

(4)阪南市総合計画の方向性に沿った事業であること。

ただし、次のいずれかに該当する場合は事業の提案はできません。

  ア 法令、条例等に違反するもの

  イ 営利を主たる目的とするもの

  ウ 公助良俗に反するもの

  エ 市の施策への要望並びに団体の運営への支援を求めるもの  

募集区分は?

 

市民協働事業提案制度で募集するものには、2部門あります。

A「市民自由提案部門」

 市民団体の自由な発想によって具体的な事業を提案するもの

 

B「市設定テーマ部門」

 市が提示したテーマに対して、市民団体が具体的な事業を提案するもの

応募方法は?

 

募集期間

平成29年4月3日(月)~平成29年5月31日(水)まで

 

提出方法

総務部市民協働まちづくり振興課(本庁2階・23番窓口)に持参、

郵送(〒599-0292住所不要)、またはメール( machi@city.hannan.lg.jp )にて、

ご応募ください。  

 

※平成29年5月31日(水)必着

※開庁時間は月曜日から金曜日(祝日を除く) 8時45分~17時15分

 

*提案時に必要な書類

(1) (様式第1号)阪南市市民協働事業提案申込書

(2) (様式第2号)阪南市市民協働事業企画書

(3)(様式第3号)団体概要書

(4)団体の定款、規約又は会則その他これらに類するもの

(5)団体の役員名簿(名前、住所、団体での役職名、経歴及び活動がわかるもの)

(6)団体の経営状況を示す資料(当該年度の予算書、前年度の収支決算書)

(7)団体の活動状況を示す資料(当該年度の事業計画書、前年度の事業報告書)

(8)その他市長が必要と認める書類(会報、新聞の切抜、活動の様子の写真など)

(注)提出いただいた書類は返却しません。

 

※詳しくは、募集要項をご覧ください。

 

お問い合わせ先

総務部 市民協働まちづくり振興課

〒599-0292
大阪府阪南市尾崎町35-1
電話:072-471-5678(代表)
Eメール:machi@city.hannan.lg.jp

ページの先頭へ