ナビゲーションを飛ばして本文へ

現在の位置

第2回 はんなん共創事業プランコンペ 最終審査会

令和2年12月20日(日曜日)に、阪南市が元気になる提案を募集し、書類審査を通過したプランの最終審査会を開催しました。

今年度は、一般部門から4件、小中高生部門から19件の応募があり、その内、一次審査を通過した一般部門4件、小中高生部門3件の計7件が最終審査会にて、プレゼンテーションを行いました。

※小中高生部門は新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、ビデオムービーにてプレゼンテーションを実施。

社会性、創造性、課題発見力、実行可能性等を考慮し、和歌山大学、日本政策金融公庫、阪南市商工会、阪南市が審査を行い、結果は、以下の通りとなりました。

 

【一般部門】

大賞   : はんなん丸ごとまちやど「世代をつなぐコミュニティー」

        (佐渡 千嘉子氏)

 

【小中高生部門】 飯の峯中学校

大賞   :  おいしさプロジェクトin Hannan 「食による町おこし」

 

 

大賞を受賞された方は、専門家相談や市民活動センターの伴走支援など事業のサポートを行い、プランの実現を目指します!

ページの先頭へ