ナビゲーションを飛ばして本文へ

現在の位置

阪南市自治基本条例

自治基本条例

 「阪南市自治基本条例」とはまちづくりを進めていく上での自治の基本理念、基本的なしくみやルールを定めた、最も重要なルールです。平成21年7月1日に施行されました。

 どのような、よりよい阪南市をつくっていくのか(基本理念)、そのとき守るべきことは何か(基本原則)、そのために市民の皆さん、議会、行政は何をすればいいのか(役割や責任)、また、どのようにまちづくりを進めていくのか(参画・協働のしくみなど)を定めています。

 市民の皆さん、議会、行政が一緒にまちづくりをしていくためには、バラバラに動いていては、よりよいまちはつくれません。これからは、それぞれがお互いの立場・お互いの特性を理解し協力することが大切です。

 

 市民の皆さん、議会、行政が力を合わせて、まちづくりを一緒に進めていきましょう!

花ライン

花ライン

ページの先頭へ