ナビゲーションを飛ばして本文へ

現在の位置

都市再生整備計画

都市再生整備計画(旧まちづくり交付金事業)とは・・・?

●目的

都市再生整備計画事業(旧まちづくり交付金事業)は、地域の歴史・文化・自然等の特性を生かした個性あふれるまちづくりを実施し、全国の都市の再生を効率的に推進することにより、地域住民の生活の質の向上と地域経済・社会の活性化を図るための制度です。

●制度の特徴

市町村が作成した都市再生整備計画に基づいて実施される事業に対して国から交付金が交付される制度であり、市町村の自主性・裁量性が大きく、地域の創意工夫を生かした総合的・一体的なまちづくりを進めることが可能となっています。

※まちづくり交付金は、平成22年度より社会資本整備総合交付金に統合され、同交付金の基幹事業である「都市再生整備計画事業」として位置付けられました。

(詳しくは、下記「国土交通省ホームページ」を参照)

阪南市中心拠点地区都市再生整備計画の概要

阪南市では、下記地区について都市再生整備計画を策定しています。

地区名:阪南市中心拠点地区

計画期間:平成28年度から平成29年度

※詳細は、下記ファイルをご覧ください。

 

阪南市中心拠点地区都市再生整備計画(第2回変更)

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記のボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。

ページの先頭へ