ナビゲーションを飛ばして本文へ

現在の位置

市税の徴収猶予の特例について

新型コロナウィルス感染症の影響により事業等の収入に相当の減少があった方は、1年以内の期間に限り、市税の納税が猶予される特例制度があります。担保は不要で、猶予期間内は延滞金がかかりません。

なお、猶予期間内の途中での納付や分割納付など、状況に応じて計画的に納付することも可能です。

対象となる方

次の(1)(2)の両方に該当する納税者・特別徴収義務者が対象となります。

(1) 新型コロナウィルス感染症の影響により、令和2年2月以降の任意の期間(1か月以上)において、事業等に係る収入が前年同期に比べておおむね20%以上減少していること。

(2) 一時に納付することが困難であること。

対象となる税目

納期限が令和2年2月1日から令和3年1月31日までの、個人市民税、法人市民税、固定資産税、軽自動車税などが対象となります。

申請手続き

申請書に必要事項を記入し、資料を添付の上、阪南市役所 税務課 納税担当へ提出してください(郵送により提出していただくことも可能です)。

内容確認のため、連絡させていただく場合がありますので、日中に連絡可能な電話番号の記載をお願いします。なお、申請は、原則として納期限までとなります。

申請書類

次の「特例の徴収猶予申請書」及び、収入や現預金の状況が分かる資料等を提出ください。

その他

  • 申請書の記載方法等ご不明な点は、税務課納税担当へお問い合わせください。
  • この特例制度の対象にならないが、事情により納税が困難である場合は、状況に応じて納税方法の相談をさせていただきますので、納税通知書等をご準備の上、税務課納税担当へお問い合わせください。
お問い合わせ先

市民部 税務課

〒599-0292
大阪府阪南市尾崎町35-1
電話:072-471-5678(代表)
Eメール:zeimu@city.hannan.lg.jp

ページの先頭へ