ナビゲーションを飛ばして本文へ

現在の位置

チケットの払い戻しを受けない場合の寄附金控除について

 新型コロナウイルス感染症及びその蔓延防止のための政府の自粛要請を受けて中止等となった文化芸術・スポーツに関するイベントについて、チケットの払い戻しを受けることを辞退した場合、その金額分(年間合計金額20万円まで)を寄付とみなし、寄附金控除を受けられる場合があります。

対象となるイベント

下記2つの条件を満たすイベントが対象となります。

  • 令和2年2月1日から令和3年1月31日までに日本国内で開催予定だったものの、新型コロナウイルス感染症に関する政府の自粛要請を受けて中止された文化芸術・スポーツに関するイベント
     
  • 文化庁又はスポーツ庁の指定を受けたイベントであること。
    詳細は、文化庁又はスポーツ庁のウェブサイトをご確認ください。
    (ページ下部にリンクがあります)

対象税目・控除額について

令和3年度又は4年度の所得税、個人の市・府民税(住民税) 

税目 控除種類 控除額
所得税 所得控除

「その年中に支出した寄附金の合計額(※)」-2,000円

※チケット料金以外の寄附金も含めた合計額で、
  総所得金額の40%が限度

税額控除

(「その年中に支出した寄附金の合計額(※)」-2,000円)
 ×40%(税率)

※チケット料金以外の寄附金も含めた合計額で、
  総所得金額の40%が限度

個人の市・府民税
(住民税)
税額控除

 (「その年中に支出した寄附金の合計額(※)」-2,000円)
 ×10%(税率)

※チケット料金以外の寄附金も含めた合計額で、
  総所得金額の30%が限度

※控除対象となるチケット料金は、年間で最大20万円まで
※所得税では「所得控除」又は「税額控除」のいずれか有利な方を選択できます
※「所得控除」は、所得金額に税率を適用する前(税額算出前)に、所得金額から差し引くもの
※「税額控除」は、所得金額に税率を適用した後(税額算出後)に、税額からさらに差し引くもの
(所得金額- 所得控除)×税率=税額- 税額控除

寄附金控除を受けるまでの手続きの流れ

手順1 イベントが当該制度の対象となっているか確認します。
詳細は、文化庁又はスポーツ庁のウェブサイトをご確認ください。
(ページ下部にリンクがあります)
手順2

イベントが対象となっていた場合は、
主催者に払い戻しを受けない意思を連絡します。

(その際、チケット原本が必要な場合もあるので、お手元のチケットは必ず保管してください。)

手順3

主催者から下記2種類の証明書が発行されます。
確定申告まで大切に保管してください。

  • 指定行事証明書
  • 払戻請求権放棄証明書
手順4

確定申告において、「手順3」で主催者から交付を受けた2種類の証明書を、申告書や他の必要書類とともに提出します。

 

関連リンク

ページの先頭へ