ナビゲーションを飛ばして本文へ

現在の位置

宴会・会食時には3010(さんまるいちまる)運動を!

本来、食べられるのに捨てられる食品「食品ロス」。日本では、年間643万トンも発生しています。日本人の1人当たりの食品ロス量は1年で約51kgとなり、これは日本人1人当たりが毎日お茶碗一杯分のご飯を捨てているのと同じ量になります。「もったいない」発祥の日本なのに、実は食品ロス量は、アジアでワースト1位、世界でも6位と大量の食べ物が捨てられています。

また外食の際、特に宴会等の場においては、食品ロスが多く発生している状況があります。このため、農林水産省は、消費者庁、環境省及び全国おいしい食べきり運動ネットワーク協議会と共に、令和元年12月から令和2年1月末までの忘新年会シーズンに、外食時の「おいしい食べきり」全国共同キャンペーンを実施し、「3010運動」に取り組んでいます。

阪南市は「全国おいしい食べきり運動ネットワーク協議会」に参加しています。

 

『3010(さんまるいちまる)運動』とは

忘年会や新年会など宴会の時に『開始してから30分と終了前の10分は席を立たずにお料理を楽しむことで食べ残しを減らしましょう』という運動です。

平成27年度の農林水産省で実施した食品ロス統計調査の外食調査によると、最も食べ残しが発生するのが宴会の時で、そのまま生ごみになっています。その量はランチ・定食の5倍とも言われています。

 

おいしく残さず食べきろう!

【宴会5箇条】

1.まずは、適量注文

2.幹事さんから「おいしく食べきろう!」の声かけ

3.3010運動!!開始30終了10は席を立たずにしっかり食べる「食べきりタイム!」

4.食べきれない料理は仲間で分け合おう

5.それでも、食べきれなかった料理は、お店の方に確認して持ち帰りましょう。

おいしく食べきって楽しく帰りましょう。

忘年会、新年会はおいしく残さず食べきろう!

お問い合わせ先

市民部 資源対策課

〒599-0201
大阪府阪南市尾崎町532番地
電話:072-483-5876
Eメール:shigen@city.hannan.lg.jp

ページの先頭へ