ナビゲーションを飛ばして本文へ

現在の位置

化学物質

 

PRTR制度について

 PRTR制度とは、化学物質の大気中や河川など環境への排出量等を把握し、集計・公表する仕組みで、化学物質を取扱う事業者の自主的な管理の改善を促進し、化学物質の排出量や化学物質による環境リスクを減らすための制度です。

PRTR法・大阪府環境の保全等に関する条例(化学物質管理制度)の届出について

 化学物質を製造したり、これを含む製品を原料として使用している事業者のうち一定の要件(業種、規模、取扱量)を満たす事業者は、年に1回化学物質の環境への排出量・移動量を本市へ届出る必要があります。

 

 届出および詳細については、下記の大阪府ホームページをご覧ください。

関連リンク

ページの先頭へ