ナビゲーションを飛ばして本文へ

現在の位置

専用水道及び簡易専用水道に係る事務移譲について

 平成25年1月より、専用水道及び簡易専用水道に関する事務が大阪府から阪南市に移譲され、また平成25年4月1日より、水道法の改正に伴い、小規模貯水槽水道、飲用井戸等の各種届出や立入検査などの衛生管理に関する事務についても市に移譲されました。

 

対象施設

〇専用水道

 寄宿舎、社宅、療養所等における自家用の水道その他水道事業の用に供する水道以外の水道であって次のいずれかに該当するもの

 1.100人をこえる者にその居住に必要な水を供給するもの

 2.人の飲用、炊事用、浴用その他人の生活の用に供する一日最大給水量が20㎥をこえるもの

  (受水式の場合は、政令の基準以下のものは除く)

〇簡易専用水道

 ビル、マンション等に設置された貯水槽水道で、受水槽の有効容量が10㎥をこえるもの

〇小規模貯水槽水道

 市の水道の水を受水槽に受けて給水する水道のうち、受水槽の有効容量が10㎥以下のもの

〇飲用井戸

 個人宅等における自家用の井戸等の給水施設(法の適用は受けない)

 

 

要綱・要領

届出、報告様式

〇専用水道

〇簡易専用水道

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記のボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。

ページの先頭へ