ナビゲーションを飛ばして本文へ

現在の位置

阪南ブランド十四匠

  阪南市は、紋羽織生産が紀州和歌山の織屋から広幅木綿として、江戸時代後期に伝えられたとされており、その後、紡績業などの繊維産業が伝統的な地場産業として受継がれておりますが、今後の地域活性化に向け、これらの技術を活かすとともに、地域の特性や潜在的産業の支援が重要であり、伝統産業の技術・技能承継のための新製品開発等、技術的承継を目的とした産業活性化への取り組みが必要であると考えております。

 具体的には、阪南市商工会を中心に繊維産業や金属製造業、食品製造業等、地域をリード出来る企業(リーダー会社)を地域の企業と結びつける企画が有効であり、大阪府内でも有名で全国的にも知名度が高い企業を地域ブランドの認定企業として牽引力と信用力を発揮する為、「阪南ブランド十四匠」を立ち上げ企業認証を推進して参ります。

                                                                                                              

 

「阪南ブランド十四匠」の名前の由来

 阪南市は大阪府の南西部に位置し、明治の大合併まで14の村々が存在しており、私たち は昔からの物づくりの心を大切にする意味でルーツを14村に求め、名称を「阪南ブランド14匠」としました。

十四匠写真

ページの先頭へ