ナビゲーションを飛ばして本文へ

現在の位置

台風21号での災害証明書・り災証明書、災害ごみ集積場、南海電気鉄道尾崎駅について

「災害証明書」と「り災証明書」について

火災保険などの手続で災害証明書、り災証明書が必要な方は、市役所税務課へお越しください。

その際、次のものをお持ちください。

  • 被害状況が判断できる写真(スマートフォン等で撮影したものでも構いません。)
  • 被害箇所の分かる位置図(建物のどの箇所が被害を受けたか)
  • 印鑑(認印でも構いません。)
  • 手数料
    1通につき300円

なお、状況によっては、発行に日数を要する場合があります。

原則として、申請期間は30日間です。
(詳細については、ご相談ください。)

「災害証明書」と「り災証明書」の申請書様式

 証明書の提出先により、必要な証明書が異なりますので、ご注意ください。
「災害証明書」と「り災証明書」の違いについては、「阪南市における災害証明書と罹災証明書の関係表」をご覧ください。

◎お問い合わせ先:税務課
 電話番号: 072-471-5678(代表)
 受付可能時間:8時45分~17時15分

台風21号で発生した災害ごみの処理について

※ 市内一斉美化清掃(毎年5月実施)の集積場所への持ち込みは、お知らせしていますとおり、9月14日(金曜日)までで終了しました。

※ 貝掛ランプ奥広場の集積場への持ち込みは、9月9日(日曜日)17時00分で終了しました。

※ 災害ごみについては、「ごみの分別・出し方マニュアル」に従って処分してください。

 

9月4日(火曜日)に台風21号を原因として阪南市内で発生したごみ(瓦、トタン、波板など)は、市が無料で処分いたします。
ただし、テレビ、エアコン、冷蔵庫、洗濯機等の家電リサイクルの対象のものやタイヤ等の処分に費用を要するものは対象外となります。

市民のみなさまのご理解とご協力をお願いいたします。

なお、処分の方法は下記のとおりです。

 

持ち込み場所・期限

9月14日(金曜日)までに、市内一斉美化清掃(毎年5月実施)の集積場所に持ち込んでください。

※留意事項

  •  下記の分別区分を守ってください。ご協力をお願いします。
    1. 木くず
    2. ガラス、陶器類
    3. コンクリート系混合物
    4. 瓦類、石膏ボード
    5. 金属系不燃ごみ
    6. 太陽光パネル、蓄電池
  • ※ごみ袋に入れる必要はありませんが、ごみが飛ばないように分別し排出してください。
  • ※通常の家庭ごみを排出する、ごみ置き場に災害ごみは出さないでください。
  • ※災害ごみとは関係のないごみ(便乗ごみ)は出さないでください
  • ※復旧工事を業者に依頼され、工事に伴い撤去されて不要となった瓦、レンガ、コンクリートブロックなどは、廃棄物処理法の規定により施工業者(元請業者)が処理すべき産業廃棄物となるため、阪南市で引き取ることはできません。

◎お問い合わせ先:資源対策課
 電話番号: 072-483-5876(直通)
 受付可能時間:7時45分~16時15分

南海電気鉄道・尾崎駅の状況について

9月4日(火曜日)に火災が発生した南海電気鉄道・尾崎駅について、新たに、9月11日(火曜日)の初列車から営業再開される旨の情報が発表されました。9月11日(火曜日)の初列車から営業再開され、9月15日(土曜日)よりなんば方面ホームと和歌山市方面ホームの移動が、可能となっています。詳しくは、南海電気鉄道からの発表(次のリンク先)をご覧ください。

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記のボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。

ページの先頭へ