ナビゲーションを飛ばして本文へ

現在の位置

「第39回 阪南市新型コロナウイルス対策本部会議」での決定事項について(12/4更新)

本市においては、 「大阪府のレッドステージ(非常事態)1の対応方針」(124日から12月15日)を踏まえ、以下の通り対応します。

★市民への呼びかけ

〇できる限り、不要不急の外出を自粛すること

〇「5人以上※1」「2時間以上」の宴会・飲み会は控えること

  ※1家族や乳幼児・子ども、高齢者・障がい者の介助者などはこの限りではない

〇Go To Eatキャンペーン事業で付与されたポイント又は既発行の食事券、府少人数利用・飲食店応援キャンペーン事業で付与されたポイントを利用した飲食を控えること(要請機関の開始は11月27日から)

〇重症化リスクの高い方(高齢者、基礎疾患※2のある方等)は、不要不急の外出※3を控えること

  ※2 糖尿病、心不全、呼吸器疾患(COPD等)、透析患者、免疫抑制剤や抗がん剤等を用いている患者

  ※3 医療機関への通院、食料・衣料品・生活必需品の買い出し、必要な職場への出勤、屋外での運動や

     散歩など、生活の維持に必要な場合を除く

〇高齢者の方、高齢者と日常的に接する家族、高齢者施設・医療機関等の職員は感染リスクの高い環境を避け、少しでも症状が有る場合、休暇を取得するとともに早めに検査を受診すること。  

〇「静かに飲食」

〇「マスクの徹底」(飲食の際も会話時はマスク着用)

〇「換気と保湿」

〇業種別ガイドラインを遵守(感染防止宣言ステッカーの導入)していない、接待を伴う飲食店及び酒類の提供を行う飲食店の利用を自粛すること。

〇3密で唾液が飛び交う環境を避けること。

★市主催(共催)のイベント

〇主催者に対し、業種別ガイドラインの遵守を徹底するとともに、国の接触確認アプリ「COCOA」、大阪コロナ追跡システムの導入、又は名簿作成などの追跡対策の徹底を要請

〇業種別ガイドラインの見直しを前提に、必要な感染防止策が担保される場合は、別表のとおり

〇全国的な移動を伴うイベント又は参加者が1,000人を超えるようなイベントを開催する際には、そのイベントの開催要件等について、大阪府に事前に相談すること

〇全国的な感染拡大やイベントでのクラスターが発生し、国が業種別ガイドラインの見直しや収容率要件・人数上限の見直しを行った場合には、国に準じて対応

〇適切な感染防止策が実施されていないイベントや、リスクへの対応が整っていないイベントは、開催自粛を要請することも検討

 

過去の対策本部会議

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記のボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。
お問い合わせ先

健康部 健康増進課

〒599-0203
大阪府阪南市黒田263-1
電話:072-472-2800
Eメール:kenkou-z@city.hannan.lg.jp

ページの先頭へ