ナビゲーションを飛ばして本文へ

現在の位置

健康診査

  • 医療保険者が実施主体となる「特定健康診査」が実施されています。特定健康診査の受診の方法などは、ご加入の健康保険組合にお問い合わせください。
  • 保健センターでは、下記の各種検診を実施予定です。(すべて予約制になります。)
  • 生活保護世帯・市(府)民税非課税世帯に属する方は無料です。生活保護世帯の方は、市役所生活支援課で発行する「保護受給証明書」を提示してください。非課税世帯の方は、保健センターで発行する「阪南市健康診査等の負担金免除証明書」(以下、「免除証明書」という)を提示してください。(医療機関での受診の場合は、提出となります。)なお、免除証明書は各年度の1月1日現在の世帯課税状況を基準としています。平成28年5月31日までの検診を希望される方は、平成27年度の免除証明書となります。平成28年6月1日以降の検診を希望される方は、平成28年6月1日以降に保健センターで平成28年度の免除証明書の発行を受けてください。(平成28年6月1日以降、平成27年度の免除証明書は使用できません。)                                                                                          ※健康診査等の負担金免除申請は、受診日の7日前(その日が土日祝日及び休館日にあたる場合は、その前日までの開館時間内)まで受付します。
  • 阪南市国民健康保険加入の方は、各種がん検診は無料になります。(骨粗しょう症検診は除く。)
  • 健康保険証をご持参ください。(本人確認の為)
  • 市内の委託医療機関でも子宮がん検診を実施していますが、予約が必要な場合があります。必ず、事前に医療機関に連絡してください。
  • 各検診は、受診日に阪南市に住民票のある方に限ります。

 

ページの先頭へ