ナビゲーションを飛ばして本文へ

現在の位置

阪南市不妊不育治療費助成事業について

令和元年10月から不妊及び不育の治療及び検査(以下、「不妊治療等」)に要する費用の一部を助成する事業が始まりました。

助成の対象者や対象となる治療については以下のとおりです。

対象者

以下の要件のすべてを満たす方

1.治療開始日において、法律上の婚姻をしている夫婦

2.治療日及び申請日ともに、阪南市に住所を有する夫婦

3.治療の開始日において妻の年齢が43歳未満であること

4.治療期間中及び申請日において、夫婦いずれもが医療保険各法に規定する被保険者、組合員又は被扶養者であること

5.申請日の属する年度の前年(申請日が1月から5月までの間にある場合は、前々年)の夫婦合算した所得の合計額が730万円未満であること

助成対象の不妊治療等

医療機関において、医師が必要であると認めた対象者に対し実施される不妊治療等が対象です。ただし、大阪府の特定治療支援事業により助成の対象となる不妊治療等は除きます。

 ※大阪府の特定治療支援事業の対象となるのは体外受精・顕微授精です。

  詳しくは、下記リンク先の大阪府のホームページをご覧ください。

助成回数及び助成金の額

助成回数:1年度につき1回

助成金額:1人当たり5万円を限度とする。

ただし、同一の対象者に対する助成の回数は、通算6回を限度とする。

申請方法

以下のものを阪南市立保健センターに提出してください。

1.阪南市不妊不育治療費助成事業利用申請書(様式1)

2.阪南市不妊不育治療費助成事業受診等証明書(様式2)

3.被保険者証

4.医療機関が発行した治療等に係る費用の領収書及び明細書

5.その他治療に係る費用の支払いを証する書類

※1月1日以降の転入等により、所得額が本市で不明の場合は所得額を証する書類が必要です。

申請期限

治療等を受けた日に属する年度の3月末日又は治療が終了した日の翌日から起算して14日までのいずれか遅い日まで。

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記のボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。
お問い合わせ先

健康部 健康増進課

〒599-0203
大阪府阪南市黒田263-1
電話:072-472-2800
Eメール:kenkou-z@city.hannan.lg.jp

ページの先頭へ