ナビゲーションを飛ばして本文へ

現在の位置

エコチル調査大阪ユニット講演会

エコチル調査は2010年度に環境省が始めた国家プロジェクトです。

全国で約10万組、大阪は泉州地域の約8000組のお母さんとお子さんが参加しています。

環境中の化学物質が、子どもの健康にどのように影響するかを明らかにし、「子どもたちが安心して健やかに育つ環境をつくる」ために、2027年度まで続けられます。

日 時 

2018年10月12日(金曜日)10時00分~12時30分(受付9時30分~)

場 所 

岸和田市立浪切ホール 4階 交流ホール

対 象 

一般の方他

内 容 

◆報告「エコチル調査でわかってきたこと」

  大阪大学 エコチル調査大阪ユニットセンター 

  特任研究員   崔 美善(さい みよし)氏

◆「エコチル調査のあゆみとこれから」

  国立環境研究所 エコチル調査コアセンター  山崎 新(やまざき しん)氏

◆講演「子どもの社会性をはぐくむ~子どもの育ちと社会脳の発達~」 

  山梨大学教授(小児科医) 相原 正男(あいはら まさお)氏

講師は小児科医として医療に携わる中で、長年に渡り社会適応のメカニズムを  さぐる研究や地域での療育活動、医療関係者の人材育成を実践されています。

講演では子どもが社会に適応するチカラを獲得していく発達過程と子育てのポイントをわかりやすくお話しいただきます。

申込・問合せ 

電話 0725-56-3723 

大阪母子医療センター内エコチル調査大阪ユニットセンター

ホームページ https://www.ecochil-osaka.jp/

ページの先頭へ