ナビゲーションを飛ばして本文へ

現在の位置

風しん予防対策(任意予防接種)

風しん予防接種費用の公費助成を行っています。

風しんに免疫のない女性が妊娠初期に風しんにかかると、風しんウイルスが胎児に感染し、出生児に先天性風しん症候群(難聴・心疾患・白内障など)を起こす可能性があります。

下記対象者で、これまで風しんにかかったことがない人などは、予防接種を受けましょう。

対象者

接種当日、阪南市に住民登録があり、風しん抗体検査の結果、抗体価が低いと判定された人のうち、次の1から3のいずれかに該当する方

1.妊娠を希望する女性 *1

2.妊娠を希望する女性の配偶者

3.妊娠中の女性の配偶者

【注意事項】   *1.妊娠中、または妊娠している可能性のある人は予防接種を受けることはできません。

              また接種前1カ月間と接種後2カ月間は避妊が必要です。

           *2.ワクチン接種日を基準としておおむね5年以内の検査結果であること。

              検査法により数値基準は異なります。

           *1・2とも詳しくは接種医にご確認ください。

助成の対象となる抗体価の基準

測定キット名(製造販売元)

検査方法

抗体価(単位等)

風疹ウイルスHI試薬「生研」

(デンカ生研株式会社)

赤血球凝集抑制法

(HI法)

16倍以下(希釈倍率)

R-HI「生研」

(デンカ生研株式会社)

赤血球凝集抑制法

(HI法)

16倍以下(希釈倍率)

ウイルス抗体EIA「生研」 ルベラ IgG

(デンカ生研株式会社)

酵素免疫法

(EIA法)

8.0未満(EIA価)

エンザイグノスト B 風疹/IgG

(シーメンスヘルスケア・ダイアグノスティクス株式会社)

酵素免疫法

(EIA法)

30未満

(国際単位(IU)/ml)

バイダス アッセイキット RUB IgG

(シスメックス・ビオメリュー株式

会社)

蛍光酵素免疫法

(ELFA法)

 

45未満

(国際単位(IU)/ml)

ランピア ラテックス RUBELLA

(極東製薬工業株式会社)

ラテックス免疫比濁法

(LTI法)

30未満

(国際単位(IU)/ml)

アクセス ルベラ IgG

(ベックマン・コールター株式会社)

化学発光酵素免疫法

(CLEIA法)

45未満

(国際単位(IU)/ml)

i-アッセイ CL 風疹 IgG

(株式会社保健科学西日本)

化学発光酵素免疫法

(CLEIA法)

14未満(抗体価)

BioPlex MMRV IgG

(バイオ・ラッド ラボラトリーズ株式会社)

蛍光免疫測定法

(FIA法)

3.0未満

(抗体価AI*)

BioPlex ToRC IgG

(バイオ・ラッド ラボラトリーズ株式会社)

蛍光免疫測定法

(FIA法)

30未満

(国際単位(IU)/ml)

 

助成対象期間

2020年3月31日(火曜日)まで

接種ワクチン

風しんワクチン又は麻しん風しん混合ワクチン(1回)

助成上限額    

風しん6,296円、麻しん風しん混合ワクチン9,785

接種方法

下記の市内委託医療機関に予約してください。

接種の際は、下記持参品を医療機関窓口に提示してください。

持参品

・健康保険証

・風しん抗体検査結果

・印鑑(認印)

委託医療機関

委託医療機関名

住 所

電 話

いりぐち医院

南山中82-3 476-0647
馬野クリニック 鳥取中159-1

447-8161

笠松産婦人科・小児科

鳥取中192-2

471-3222

角谷内科医院

下出164-2

473-5288

阪口内科皮膚科クリニック

箱作3505-2

481-3939

たか内科小児科クリニック

さつき台1-2-1

472-4976

高松泌尿器科

新町52-1 473-3161

田中外科・内科クリニック

下出660-3

471-1501

谷口クリニック

下出37-5中村ビル2階

471-8822

辻レディースクリニック

黒田590サンギャラリー2階

470-0125

中井医院

尾崎町8-1-2

471-7376

ながまつレディースクリニック

鳥取628-1

472-3788

阪南市民病院(小児科)

下出17

471-3321

松若医院

舞3-31-23

471-1521

みなみ小児科

鳥取617-1

472-7239

みやけファミリークリニック

黒田387-1 473-7176

向井医院

鳥取中299-1

472-0303

 

助成方法

※上記、対象者1の妊娠を希望する女性の方は、当日の支払いはなく、下記の申請は必要ありません。

1.風しん抗体検査を受けて、検査の結果、上記(助成の対象となる抗体価)に当てはまれば、ワクチン接種費用の助成を受けることができます。

2.医療機関に予約をし、ワクチン接種を受けてください。

3.接種を受けた後、接種費用全額を医療機関に支払い、領収書及び接種を受けた内容が証明できるもの(接種済証等)をもらってください。

(以下の項目が記載されていないと助成対象になりませんので、注意してください。)

   記載が必要な項目

  • 接種を受けた人の氏名
  • 接種年月日
  • 接種ワクチン名
  • 接種費用
  • 接種医療機関名(医療機関の押印等)
    (上記内容の書類の発行は有料となる場合がありますので、接種医療機関にご確認ください。)

   4.保健センターで、必要書類を添えて費用助成の申請をしてください。

  【申請場所】  阪南市立保健センター(月曜日~金曜日 午前8時45分~午後5時15分(祝日・振替休日除く)

  【申請期間】  接種日から2年以内

  【申請に必要なもの】

  1.申請者の本人確認ができるもの(健康保険証、運転免許証等)

    *原則、本人の申請が必要です。

    *申請者が本人でない場合には委任状が必要です・

  2.申請者の印鑑

  3.接種者名義の預金通帳等(金融機関名・口座番号・口座名義人が確認できるもの)

    *申請者と講座名義人が異なる場合は、委任状が必要です。

  4.風しん抗体検査の結果が分かるもの(原本)

  5.領収書及び明細書の原本(接種を受けた人の氏名・接種費用・接種医療機関名(医療機関の押印等)) 

  6.妊娠を希望する女性の配偶者の場合は、妊娠を希望する女性と同居の事実を証明する書類(住民票の写し等*住民票で婚姻・同居が確認できない場合、住所・氏名・年齢等がわかる書類の提出が必要な場合があります。

  妊娠中の女性の配偶者の場合は、母子健康手帳

     7.風しん任意予防接種費用助成申請兼請求書

   5.申請受付後、費用助成対象者であることを確認し、ご指定の口座に助成金を振り込みます。(約1~2カ月程度かかります。)

健康被害について

 今回の助成対象になっている予防接種は、任意接種(予防接種法に定められていない予防接種)であるため、予防接種健康被害救済制度の対象となりませんが、独立行政法人医薬品医療機器総合機構法による「医薬品副作用被害救済制度」「生物由来製品感染等被害救済制度」に基づく救済の対象となります。

注意事項

・自己負担の免除制度はありません。(対象者でない方の接種費用は、自費となります)

・女性の方は、風しんワクチン又は、麻しん風しん混合(MR)ワクチン接種後、2か月間は、妊娠を避けてください。詳しくは接種医にご確認ください。

お問い合わせ先

健康部 健康増進課

〒599-0203
大阪府阪南市黒田263-1
電話:072-472-2800
Eメール:kenkou-z@city.hannan.lg.jp

ページの先頭へ