ナビゲーションを飛ばして本文へ

現在の位置

石綿ばく露者の健康管理に係る検診について

 過去に石綿(アスベスト)にばく露した可能性のある人に対し、健康被害への不安を和らげるとともに、ご自身の健康状態を確認し、健康管理に役立てていただくために、市では、大阪府とともに環境省の委託を受け、石綿ばく露者の健康管理に係る試行調査のための検診を実施します。

 

※石綿ばく露者の健康管理に係る試行調査とは、石綿健康相談(仮称)の実施を見据え、環境省が実施するモデル事業です。本試行調査の実施を通じて実施主体・既存検診(肺がん検診等)との連携方法・対象者・対象地域の考え方・検査頻度・事業に要する費用等の課題について調査検討を行うものです。調査期間は、平成27年度から平成31年度までの5年間の予定です。

 

対象者

  次の1~4の全てに当てはまる人が対象です。

   1.受診当日、本市に住民登録のある人

   2.環境省が指定する調査対象地域や、その周辺で石綿取扱い施設が稼働していたなど

     石綿飛散が発生した可能性のある時期に、対象地域に居住していた人

   ※環境省が指定する調査対象地域と石綿飛散が発生した可能性のある時期

     ・岸和田市以南の泉南地域、大阪市、堺市、河内長野市、八尾市、東大阪市、和泉市

      ・・・平成2年以前に居住していた人

     ・奈良県、横浜市鶴見区、岐阜県羽島市・・・平成元年以前に居住していた人

     ・埼玉県さいたま市中央区又は大宮区・・・昭和57年以前に居住していた人

     ・北九州市門司区・・・平成16年以前に居住していた人

     ・佐賀県鳥栖市・・・昭和33年~昭和61年に居住していた人

     ・尼崎市・・・昭和30年~昭和50年に居住していた人

     ・西宮市、芦屋市、加古川市・・・過去に居住していた人

   3.保健センターで検診を受け、精密検査となった場合は医療機関で検査を受けることが

     できる人

   4.試行調査の内容を理解し、調査への協力に同意していただける人

     *同意できない場合は、検診を受けていただくことができません

 

  上記の条件に当てはまる人であっても、下記の人は本調査の対象外になります。

   ・労働安全衛生法の石綿健康管理手帳を取得している又は交付要件に該当している人

   ・石綿障害予防規則により職場等で石綿に関する特殊健康診断を受けることが出来る人

   ・石綿関連疾患が原因で医療機関を継続的に受診し、石綿関連疾患に係る健康管理が

         行われている人

 

内容

  問診・胸部CT検査・保健指導

    ※胸部X線撮影は実施しません。

              市が実施している肺がん検診を受診してください。

    ※呼吸器自覚症状(せき、たん、胸の痛み、息苦しさなど)のある人は医療機関で

              診療を受けてください。

 

日時

  1.平成29年11月12日(日)  

  2.平成29年11月14日(火)  

    いずれも午前・午後(予約制)

  ※保健指導は平成30年1月~2月の予定です。

   (検診結果をお渡しします。)

 

場所

  阪南市立保健センター

 

費用

  無料

 

申込み・問合せ先

  1.阪南市立保健センター 電話 072-472-2800

  2.10月5日(木)から10月19日(木)までにお申し込みください。(土・日・祝を除く8時45分~17時15分)

 

検診の流れ

  1.保健センターに申込みをします。

        ↓

  2.申し込み後、保健センターから同意書や質問票等の必要書類が届きます。

        ↓

  3.検診当日は、質問票に基づき、職歴、居住歴など石綿ばく露の可能性が確認された場合

    は、胸部CT検査を受けます。

        ↓

  4.後日、保健師による保健指導(結果説明)を受けます。

 

地図情報

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記のボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。

ページの先頭へ