ナビゲーションを飛ばして本文へ

現在の位置

医療保険制度改正(平成20年4月から)(その2)

後期高齢者医療制度の創設にともない国民健康保険料が軽減されます

平成20年4月以降、75歳以上の人は、後期高齢者医療制度に移行し、新制度の保険料を納付していただくことになります。それにともない、国民健康保険に加入する人の保険料の負担が急に増えることが無いように、次のように軽減されます。

国民健康保険に加入している世帯で、75歳以上の人が後期高齢者制度に移行し、75歳未満の人が引き続き国民健康保険に加入することになる場合

所得の低い人の国民健康保険料の軽減が引き続き受けられます

保険料の軽減を受けている世帯は、世帯構成や収入が変わらなければ、5年間今までと同じ軽減を受けることができます。

所得の低い人の国民健康保険料の軽減

世帯ごとにご負担いただく国保保険料が半額になります

国民健康保険の被保険者が1人となる場合には、5年間、世帯ごとにご負担いただく保険料が半額になります。

世帯ごとにご負担いただく国保保険料

75歳以上のかたが会社の健康保険などの被用者保険から後期高齢者医療制度に移行することにより、その扶養家族である被扶養者の人(65歳~74歳)が新たに国民健康保険に加入することになる場合

申請により保険料の軽減が受けられます

新たに国民健康保険に加入し、国保保険料を納めていただくことになった人については、保険年金課に申請いただければ、2年間、所得に応じてご負担いただく保険料が免除されるとともに、被保険者1人当たりでご負担いただく保険料が半額となり、さらに、被保険者が1人の場合などには、世帯ごとにご負担いただく保険料も半額になります。

申請による保険料の軽減

お問い合わせ先

健康部 保険年金課

〒599-0292
大阪府阪南市尾崎町35-1
電話:072-471-5678(代表)
Eメール:hoken@city.hannan.lg.jp

ページの先頭へ