ナビゲーションを飛ばして本文へ

現在の位置

第2期阪南市国民健康保険保健事業実施計画(データヘルス計画)

計画の背景

・急速な少子高齢化、経済の低成長、医療環境の変化等により、国民医療費の伸び率が国民所得の伸び率を上回って増加しています。国民皆保険制度の堅持のために、医療費適正化を図る必要があり、本市においても、医療保険者として、被保険者の健康と国民健康保険財政の収支均衡に配慮しつつ、医療制度を維持するために、医療費適正化のための事業に取り組むことが求められています。

 そこで、本市国民健康保険では、医療費の状況に基づき、被保険者の健康及び生活の質の維持、向上のため、効果的な保健事業等の施策を実施するため、平成28年3月に、本市国民健康保険の保健事業の実施等に関する基本的な事項を定めた「阪南市国民健康保健事業実施計画(阪南市国民健康保険データヘルス計画)」を策定し、事業を実施していました

 このたび、第1期計画の計画終了に伴い、これまでの事業の実績結果等を踏まえ、新たに「第3期阪南市国民健康保険特定健康診査等実施計画」と一体的に本計画を策定しました。

 

計画本文

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記のボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。

ページの先頭へ