ナビゲーションを飛ばして本文へ

現在の位置

保健事業実施計画(データヘルス計画)を策定しました

計画の背景

・国民健康保険は、誰もが安心して医療を受けることができる医療保険の最後の砦となるべきものであり、国民皆保険の中心となるものです。この国民健康保険を持続可能なものにし、必要な医療を確保しつつ、どのように医療費の伸びの適正化を図るかといった課題に対応していくことが必要です。こうした中、「日本再興戦略」(平成25年6月14日閣議決定)においても、全ての健康保険組合等に対し、レセプトデータの分析、活用等の事業計画の策定が求められ、厚生労働省から国保法に基づく保健事業の実施等に関する指針が改正(平成26年4月1日適用)され、保険者は保健事業実施計画(データヘルス計画)を作成し、レセプト等を活用した保健事業を推進することとなりました。本市では既にレセプトデータの分析等を行った医療費適正化計画を策定しているため、本計画を保健事業実施計画(データヘルス計画)として再編成するものです。

計画の目的

本市における医療費適正化は、第2期大阪府医療費適正化計画に示された「生活習慣病の発症・重症化予防の推進等により、府民の生活の質を確保・向上する形で医療の効率化を図り、医療費の適正化を目指す。」ことを基本とし、レセプトデータの分析等により、健康・医療情報を活用した効果的かつ効率的な保健事業の実施を図り、被保険者の健康保持の推進と医療の効率的かつ適正な提供の推進をめざすものです。

本文

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記のボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。

ページの先頭へ