ナビゲーションを飛ばして本文へ

現在の位置

第2期阪南市国民健康保険医療費適正化計画を策定しました

計画の背景

・国民健康保険は、誰もが安心して医療を受けることができる医療保険の最後の砦となるべきものであり、国民皆保険の中心となるものです。この国民健康保険を持続可能なものにし、必要な医療を確保しつつ、どのように医療費の伸びの適正化を図るかといった課題に対応していくことが必要です。そうした中、阪南市国民健康保険医療費適正化計画を平成22年3月に策定し、特定健康診査や特定保健指導等を実施してきましたが、今後さらなる高齢化が見込まれる中、医療費の伸びの適正化を図っていく必要があるため、第2期計画を策定いたしました。

計画の目的

・国民健康保険を運営する市町村等は、医療保険者に、義務付けられた特定健康診査や特定保健指導を行い、住民の疾病の予防と健康の保持・増進に大きな役割を担う立場であり、被保険者の健康及び生活の質の維持、国民健康保険財政の収支均衡に配慮しつつ、医療制度を維持するために、医療費適正化のための事業に取り組むことが求められています。このような状況を踏まえ、被保険者の健康保持の推進と医療の効率的かつ適正な提供の推進をめざすものです。

本文

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記のボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。

ページの先頭へ