ナビゲーションを飛ばして本文へ

現在の位置

都市計画決定及び変更について

南部大阪都市計画区域のうち阪南市域に該当する部分を抜粋して記載しています。

市街化区域及び市街化調整区域の変遷について

無秩序な市街化を防止し、計画的な市街化を図るため、都市計画区域を市街化区域と市街化調整区域に区分しております。市街化区域とは、既に市街地を形成している区域、及びおおむね10年以内に優先的、計画的に市街化を図るべき区域で、市街化調整区域とは、市街化を抑制すべき区域であり、下記のとおり指定されています。

 

告示年月日 告示番号 市街化区域 市街化調整区域 備考
昭和45年6月20日 府告第870号 約502ヘクタール 約1,102ヘクタール 約1,604ヘクタール 旧南海町
昭和45年6月20日 府告第869号 約246ヘクタール 約1,793ヘクタール 約2,039ヘクタール 旧東鳥取村
昭和48年3月19日 府告第418号 約748ヘクタール 約2,895ヘクタール 約3,643ヘクタール 合併
昭和51年8月4日 府告第1064号 約936ヘクタール 約2,707ヘクタール 約3,643ヘクタール

第1回線引き見直し

光陽台等市街化区域編入

昭和58年10月19日 府告第1352号 約957ヘクタール 約2,686ヘクタール 約3,643ヘクタール

随時線引き見直し

さつき台市街化区域編入

昭和61年10月24日 府告第1434号 約976ヘクタール 約2,667ヘクタール 約3,643ヘクタール

第2回線引き見直し

鳥取中等市街化区域編入

昭和63年3月30日 府告第414号 約1,147ヘクタール 約2,503ヘクタール 約3,650ヘクタール

第2回保留フレーム解除

阪南丘陵市街化区域編入

平成5年2月1日 府告第144号 約1,158ヘクタール 約2,447ヘクタール 約3,605ヘクタール

第3回線引き見直し 

箱作区画整理

市街化区域編入等

平成12年11月7日 府告第1908号 約1,189ヘクタール 約2,421ヘクタール 約3,610ヘクタール

第4回線引き見直し

里海、カレッジタウン

市街化区域編入等

平成16年3月30日 府告第687号 約1,189ヘクタール 約2,421ヘクタール 約3,610ヘクタール 都市計画区域の整備、開発及び 保全の方針の決定による変更
平成18年3月17日 府告第637号 約1,188ヘクタール 約2,422ヘクタール 約3,610ヘクタール

第5回線引き見直し

里海、岬との行政界変更

市街化調整区域へ編入

平成23年3月29日 府告第418号 約1,194ヘクタール 約2,416ヘクタール 約3,610ヘクタール

第6回線引き見直し

界線整理

市街化区域へ編入

 

用途地域について

市域の市街化区域全域において、下記のとおり用途指定がなされております。

 

用途地域 面積 構成比
第一種低層住居専用地域 390ヘクタール 32.7パーセント
第二種低層住居専用地域 5.3ヘクタール 0.4パーセント
第一種中高層住居専用地域 255ヘクタール 21.4パーセント
第二種中高層住居専用地域 22ヘクタール 1.8パーセント
第一種住居地域 240ヘクタール 20.1パーセント
第二種住居地域 149ヘクタール 12.5パーセント
近隣商業地域 35ヘクタール 2.9パーセント
準工業地域 98ヘクタール 8.2パーセント
1,194ヘクタール 100パーセント

 

高度地区について

 

高度地区 面積
第一種 約395ヘクタール
第二種 約277ヘクタール
第三種 約389ヘクタール
約1,061ヘクタール

 

お問い合わせ先

事業部 都市整備課

〒599-0201
大阪府阪南市尾崎町1-18-15
電話:072-471-5678(代表)
FAX:072-471-5781
Eメール:tosei@city.hannan.lg.jp

ページの先頭へ