ナビゲーションを飛ばして本文へ

現在の位置

特定生産緑地制度について(生産緑地所有者の方へ)

特定生産緑地とは

・平成30年4月1日から特定生産緑地制度が施行され、指定後30年を迎える生産緑地を、所有者等の意向に基づき市が特定生産緑地に指定できることになりました。

・特定生産緑地を選択することで、固定資産税等の税制特例措置を継続して受けることができます。

・また、特定生産緑地に指定した場合、買取申出ができる時期は、「生産緑地地区の都市計画の告示日から30年経過後」から、10年延期されます。10年経過後は、改めて所有者等の同意を得て、繰り返し10年の延長ができます。

・特定生産緑地に指定する場合、指定後30年を経過する前に、特定生産緑地指定の手続きを行う必要があり、30年経過後は特定生産緑地の指定は受けられません。

 

※詳しくは下の「特定生産緑地について(国土交通省資料より抜粋)」をご参照ください。

特定生産緑地の指定手続きについて

※指定手続きに関して、今後詳細が決まりましたら、対象となる生産緑地所有者の方にご案内しますので、手続きをお忘れにならないようにお願いします。

 

 

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記のボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。
お問い合わせ先

事業部 都市整備課

〒599-0201
大阪府阪南市尾崎町1-18-15
電話:072-471-5678(代表)
FAX:072-471-5781
Eメール:tosei@city.hannan.lg.jp

ページの先頭へ