ナビゲーションを飛ばして本文へ

現在の位置

阪南市市街化調整区域における地区計画の運用基準の改定について

 市街化調整区域における、一定規模の計画的な開発行為については、まちづくりの方針や内容を具体的に定める地区計画の都市計画決定を行う必要があります。

 そのため、本市では、「阪南市市街化調整区域における地区計画の運用基準」を策定し、平成20年4月1日から施行していますが、大阪府の「市街化調整区域における地区計画のガイドライン」が平成24年3月に改定されたことを受け、その整合を図るとともに、平成24年3月に策定した阪南市都市計画マスタープランに基づき、「阪南市市街化調整区域における地区計画の運用基準」の改定しました。

 

ページの先頭へ