ナビゲーションを飛ばして本文へ

現在の位置

社会資本総合整備計画(公園事業)

概要

 

・社会資本整備総合交付金は、活力創出、水の安全・安心、市街地整備、地域住宅支援といった政策目的を実現するため、計画に基づき、基幹的な社会資本整備事業のほか、関連する社会資本整備やソフト事業を総合的・一体的に実施できるよう、国が地方公共団体に交付するものです。

・地方公共団体が、社会資本整備総合交付金により事業を実施しようとする場合には、計画を作成し、国土交通大臣に提出することになっています。(社会資本整備総合交付金交付要綱第8)

・また、計画を作成したとき及び交付期間の終了時に事後評価を行いこれを公表することになっています。(社会資本整備総合交付金交付要綱第10の1)

社会資本整備計画(公園事業)

 

〇計画の名称:阪南市における安全で快適な公園・緑地づくり

 

〇計画の期間:平成27年度~平成31年度(5年間)

 

〇計画の概要:遊具施設の更新

 

〇社会資本整備計画:下記添付ファイル

 

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記のボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。

ページの先頭へ