ナビゲーションを飛ばして本文へ

現在の位置

健幸遊具の紹介

阪南スカイタウンの公園内の健幸遊具の一部を紹介します。

桃の木台中央公園

基本的な注意事項

 

◆ストレッチ系の遊具の場合(背伸ばしベンチ、前屈台など)

1.  治療中の病気がある方は、使用する前にかかりつけ医に相談してください

2.  筋肉を伸ばす時は、静かにゆっくりと筋肉や腱にほど良い緊張を感じたところで止めて1020秒状態をキープしましょう

3.  筋肉や腱を傷めないように反動をつけずに行いましょう

4.  呼吸を止めたり、歯を食いしばったりせずリラックスしながら行いましょう

5.  自分のペースで無理をせずに行いましょう

6.  痛みがあるなど体調が良くないときは、無理をせず休みましょう

 

 

◆筋トレ系遊具の場合(腹筋ベンチ、懸垂器など)

1.  治療中の病気がある方は、使用する前にかかりつけ医に相談してください

2.  運動中も含め、痛みを感じる場合は中止してください

3.  動かしている筋肉を意識して行いましょう

4.  呼吸を止めずに行いましょう

5.  「ややきつい」ぐらいの回数を目安に、週3回程度行いましょう

6.  痛みがあるなど体調が良くないときは、無理をせず休みましょう

 

 

◆運動時の全般的な注意点(上記の遊具やその他の平行棒、ジャンピングタッチなど)

1.  運動前に血圧や脈拍など体調をチェックしましょう

2.  体調が良くないときは無理をしないようにしましょう

3.  運動中に痛みなど不調を感じたら無理をせず中止しましょう

4.  運動中はこまめに水分補給をしましょう

5.  かかりつけ医に運動時の注意点などを相談しておきましょう

 

アームトレーナー

バーを使って腹筋を伸ばします。

ラダー
バーを握りながら上に上がってください。なお、降りる時は低いところから降りてください。
懸垂器
懸垂運動を行います。
前屈台
立位体前屈を行います。
平行棒

バーにぶら下がり背筋をのばします。

脚をまっすぐに持ち上げると腹筋運動にもなります。

丘陵東公園

ラダー

バーを握り上に上がってください。なお、

降りる時は低いところから降りてください。 

腹筋ベンチ
片側にあるバーにすねをひっかけて腹筋運動を行ってください。
背伸ばしベンチ
曲面に背を当てて、背筋を伸ばしてください。
前屈台
立位体前屈を行います。
お問い合わせ先

事業部 土木管理室

〒599-0201
大阪府阪南市尾崎町1-18-15
電話:072-471-5678(代表)
Eメール:kanri@city.hannan.lg.jp

ページの先頭へ