ナビゲーションを飛ばして本文へ

現在の位置

道路橋点検結果

橋梁定期点検について

 平成25年の道路法の改正等を受け、道路管理者は5年に1度、近接目視で点検を行い、健全性を4段階で診断することとなりました。

 つきましては、点検が完了した橋梁について、点検結果を公表します。

点検橋梁数について

 管理橋梁数に対する点検橋梁数

管理橋梁数

点検橋梁数

点検実施率

74

23

31%

橋梁の健全性の判断について

 橋梁の健全性の点検結果は、以下の4段階に区分します。

 

                    橋梁の健全性の判断区分

区  分

状  態

健全

構造物の機能に支障が生じていない状態。

予防保全段階

構造物の機能に支障が生じていないが、予防保全の観点から措置を講じることが望ましい状態。

早期措置段階

構造物の機能に支障が生じる可能性があり、早期に措置を講ずべき状態。

緊急措置段階

構造物の機能に支障が生じている、または生じる可能性が著しく高く、緊急に措置を講ずべき状態。

橋梁の点検結果について

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記のボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。
お問い合わせ先

事業部 土木管理室

〒599-0201
大阪府阪南市尾崎町1-18-15
電話:072-471-5678(代表)
Eメール:kanri@city.hannan.lg.jp

ページの先頭へ