ナビゲーションを飛ばして本文へ

現在の位置

非課税貯蓄(マル優、特別マル優)の利用

対象者

身体障害者手帳、療育手帳所持者

障害基礎年金等の受給者

特別障害者手当等の受給者

児童扶養手当受給者、遺族(基礎)年金受給者の母等、母子家庭のかた

65歳以上の高齢者

内容

郵便貯金の利息、銀行預金の利息、信託の収益金が非課税となる「マル優」が適用になります。

  • 郵便局、銀行それぞれで元金(信託は元本)が350万円までです
  • また、国債・公募地方債の利子が非課税となる「特別マル優」もあり、限度額は、銀行と郵便局を合わせて額面350万円までです。
  • 従って、マル優と特別マル優を最大限活用すると、1,050万円まで非課税となります。

窓口

各金融機関・郵便局

お問い合わせ先

福祉部 市民福祉課

〒599-0292
大阪府阪南市尾崎町35-1
電話:072-471-5678(代表)
Eメール:s-fukushi@city.hannan.lg.jp

ページの先頭へ