ナビゲーションを飛ばして本文へ

現在の位置

「障害者総合支援法」の対象となる疾病が332に拡大されました

「障害者総合支援法」の対象となる疾病が332に拡大しています

 平成25年4月1日に施行された「障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための法律」(障害者総合支援法)において、その対象とする疾病は「難病患者等居宅生活支援事業」の対象疾病と同じ範囲(130疾病)としてきました。その後、障害者総合支援法の対象となる難病等の範囲を検討するため設置された「障害者総合支援法対象疾病検討会」において福祉的見地より、平成27年1月より、130疾病から151疾病に拡大しました。その後、同検討会において第2次拡大分の疾病検討を行い、平成27年7月1日から対象疾病が332に拡大しました。

 対象となる方は障がい者手帳ををお持ちでなくても必要と認められる場合、障害福祉サービス等の支援が受けられます。

◇対象となる方  平成27年7月からの障害者総合支援法の対象疾病一覧(332疾病) (PDF:359.8KB)

◇手続き  対象疾病に罹患していることがわかる書類(診断書や特定疾病医療証など)を持参し、必要なサービスについて阪南市役所市民福祉課窓口でご相談ください。

 

 

 

 

 

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記のボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。
お問い合わせ先

福祉部 市民福祉課

〒599-0292
大阪府阪南市尾崎町35-1
電話:072-471-5678(代表)
Eメール:s-fukushi@city.hannan.lg.jp

ページの先頭へ