ナビゲーションを飛ばして本文へ

現在の位置

保育料について

 保育所(園)・認定こども園等で、保育の必要性が認められる2号・3号認定にあたる保育料については、国が定める基準を上限として、下記のとおり定めます。収入が低い世帯ほど保育料が低く、収入が高い世帯ほど保育料が高い仕組みとなっています。

◇平成27年度より算出基準が市町村民税額による算定になっています。これに伴い、毎年9月が保育料の切替時期となり、4月分~8月分保育料は前年度市町村民税額、9月分~翌年3月分保育料は当該年度市町村民税額に基づいて保育料を決定します。

◇保育標準時間と保育短時間の2区分の保育料が設定されています。

◇同一世帯から2人以上の児童が保育所、幼稚園、認定こども園、特別支援学校幼稚部などに入所している場合で、そのうち、保育所に入所している児童の保育料は、2人目:保育料半額、3人目以降のお子さんは保育料が無料となります。

※ ただし、年収360万円未満相当世帯については、第1子の考え方が異なります。

  

 

 

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記のボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。
お問い合わせ先

福祉部 こども家庭課

〒599-0292
大阪府阪南市尾崎町35-1
電話:072-471-5678(代表)
Eメール:kodomo-katei@city.hannan.lg.jp

ページの先頭へ