ナビゲーションを飛ばして本文へ

現在の位置

児童手当について

子ども手当は平成24年4月から児童手当に変わりました

(平成24年3月31日までは子ども手当)

 

平成24年度4月以降の児童手当について

 

 

変更前(~H24331日)

変更後(H2441日~)

(1)支給月額

★3歳未満(一律) 15,000円

★3歳~小学校卒業まで

 (第1、2子)    10,000円

 (第3子以上)   15,000円

★中学生(一律)  10,000円

児童手当【所得制限限度額未満方】

★3歳未満(一律) 15,000円

★3歳~小学校卒業まで

 (第1、2子) 10,000円

 (第3子以上) 15,000円

★中学生(一律) 10,000円

特例給付【所得制限限度額以上方】

(平成24年6月~)

★一律 5,000円(児童一人あたり)

(2)所得制限

なし

平成24年6月分から、所得制限が開始されます。

平成24年4、5月分は、所得制限は、ありません。

(3)対象児童

日本国内に住民票を有していることが必要。

詳しくはこども家庭課へお問い合わせください。

※ただし、留学中の児童については、支給できる場合があります。

(4)支給対象

同居している保護者間(主に父母)では、収入が高い方へ支給されます。

ただし、保護者(主に父母)が離婚前提の別居をしている場合は、児童と同居している方が優先的に受給できる場合があります。

詳しくはこども家庭課へお問い合わせください。

(5)施設入所児童

施設の設置者等に支給 (別居している保護者は受給できない)

(6)未成年後見人等

未成年後見人や、国外在住の父母が指定する方に支給

 

※所得制限について

  

・所得制限限度額について

 

 

       扶養親族等の数

   所得制限限度額(万円)

     収入額の目安(万円)

     0人

    622.0

    833.3

     1人

    660.0

    875.6

     2人

    698.0

    917.8

     3人

    736.0

    960.0

     4人

    774.0

   1002.1

     5人

    812.0

   1042.1

・所得制限は6月分(10月支給分)から適用になります。

 ・所得は、児童の父母(養育者)それぞれの所得で判定します。(世帯で合算しません)

 ・所得制限限度額は、扶養親族3人(妻、子2人モデル世帯)の場合、

  所得額 736万円(収入960万円)です。

  扶養親族人数によって限度額が変わる予定ですが、詳細は別途お知らせします。

 ・所得限度額の適用は、収入額ではなく、所得額で判定します。

※現況届について

 ・5月までに認定されたすべての方について、現況届が必要です。6月上旬に該当される方全員に郵送でご案内ていますので、まだ提出されていない方は、必ずこども家庭課まで提出してください。現況届を提出しない場合は、本年6月分以降の手当が支給されません。また、現況届を提出される場合は、現況届裏面や現況届と一緒に送付しています別紙をよくお読みのうえ、添付書類に不備がないようにご注意ください。現況届書を紛失している場合は、こども家庭課まで連絡してください。

 

 

※これまで子ども手当を受給している方

 平成24年3月31日現在、子ども手当受給者で、子どもを監護(養育)している状況に変更がない方は、引き続き、児童手当受給者に移行されます。 (ただし、6月分以降の児童手当を受給するためには、6月に現況届の提出が必要です。)

 子ども手当特別措置法分(平成23年10月~3月まで)の申請がまだの方は、請求期限が平成24年9月30日までに延長されました。まだお済みでない方は、至急申請してください。(延長前の請求期限は平成24年3月31日)

※児童手当を新たに受給する方(出生・転入等の場合)は、速やかに申請をし てください。手当の支給は、申請の翌月分からになります。(事由の発生が、月末にあたる時は、事由の発生から15日以内に申請を行えば、事由発生の翌月分から受給できます。)※事由の発生…出生の場合は、出生日、転出入の場合は、転出予定日になります。

※公務員の方は、勤務先での手続きになりますので、勤務先にご確認ください。

※趣旨

 児童手当は、家庭等における生活の安定に寄与するとともに、次世代の社会を担う児童の健やかな成長に資する制度です。

【児童手当の趣旨にご理解を願いします

 児童手当の受給者は、手当の趣旨に従って、児童手当を用いなければならない責務が法律上定められています。児童の健やかな育ちのために、児童の将来を考え、有効に用いていただきますようよろしくお願いします。

※対象となる児童

 満15歳到達後3月31日までの間にある児童

※請求手続きについて

 (1)認定請求 

   ・出生等により新たに児童を養育するようになった場合

   ・市外から転入された場合

   ※請求者とは、保護者のうち、収入の高い方になります。

 (2)請求に必要なもの

   ・請求者の印鑑(シャチハタタイプ以外の認印)

   ・請求者自身の健康保険証の写し(国民年金加入の方、年金未加入の方は不  要です) ※以下の保険証に限ります。

     ・健康保険被保険者証

     ・船員保険被保険者証

     ・私立学校教職員共済加入証

     ・日本郵政共済組合員証

     ・全国土木健康保険国民健康保険組合員証

     ・文部科学省共済組合員証(大学等支部に限る)

     ・共済組合員証のうち勤務先が独立行政法人または地方独立行政法人であることが明らかな保険証

    上記以外の保険証の場合は、「年金加入証明書」(用紙はこども家庭課にあります)が必要になります。

   ・振込先がわかるもの(通帳等。請求者名義に限る

(3)額改定請求

   既に児童手当の受給者となっている方で、出生等により養育する児童が増えた場合

   ・請求者の印鑑(シャチハタタイプ以外の認印)が必要です。

(4)支給日

  児童手当の支払月は6月、10月、2月の各10日であり、支払月前月分までの4か月分の手当を支給します。

支払月の10日が銀行休業日の場合は、その前の営業日に振り込みます。

 ・平成24年6月8日支給…平成24年4月~平成24年5月分(児童手当)

                 平成24年2月~平成24年3月分(子ども手当)

 ・平成24年10月10日支給…平成24年6月~平成24年9月分

    ※新たに児童手当を申請した方、現況届を提出した方へ支給します

 ・平成25年2月10日支給…平成24年10月~平成25年1月分

お問い合わせ先

福祉部 こども家庭課

〒599-0292
大阪府阪南市尾崎町35-1
電話:072-471-5678(代表)
Eメール:kodomo-katei@city.hannan.lg.jp

ページの先頭へ