ナビゲーションを飛ばして本文へ

現在の位置

税の申告は正しく、お早めに

申告って??

 所得の申告に関しては、「確定申告」と「市・府民税の申告」があります。「確定申告書」は税務署に出す書類です。「市・府民税の申告書」は市町村に出す書類です。

 確定申告書は税務署に提出する書類なので、国税の還付を受ける方は、税務署まで申告をお願いします。

 ただし、以下日程の期間限定で、阪南市役所でも一部の確定申告の作成ができます。(事業所得や不動産所得等ある場合、また住宅借入金等特別控除等ある場合には、お受けできませんので、よくご確認の上ご来庁ください。)

 なお、市役所での受付は例年混み合う傾向がございますので、お時間に余裕のある時にお越しいただくか、税務署等ご利用ください。

 

市・府民税の申告と所得税及び復興所得税の確定申告

 令和2年1月1日現在、本市に住所があり、令和元年(平成31年)中に所得のあった人は、市・府民税の申告が必要です。

 申告書は、2月中旬に、前年の市・府民税の申告者に郵送します。申告書送られてきた人で、令和元年(平成31年)中に学生・病気・家事手伝いなどで無収入であった人も申告にご協力ください。

受付期間

令和2年2月17日(月曜日)~令和2年3月16日(月曜日) ※閉庁日を除く

午前9時~午後4時 ※最終日は正午まで受付

受付場所

市役所別棟第2会議室

 

市・府民税の申告に必要なもの

◎市・府民税申告書

◎印鑑

◎令和元年(平成31年)中の収入(所得)がわかる書類

  ・給与所得者については、源泉徴収票
   (ない人は雇用主の支払証明書、給与明細書など)

  ・公的年金等の受給者については、公的年金などの源泉徴収票
   (何か所か受給されている方はそれぞれの年金事業者分が必要です)

  ・事業を営んでいる人については、収入と経費がわかる帳簿など
   (所得税がかかる場合は税務署で申告をしてください。)

  ・令和元年(平成31年)中の支払いがわかる書類
   控除証明書・領収書など(各種健康保険、国民年金保険、生命保険、地震保険など)、医療費の明細書

  ・マイナンバーカードまたは通知カードと本人確認書類(免許証など)

 

※台風などの災害による雑損控除の適用を受ける方へ

 まず、泉佐野税務署にて、確定申告の申告相談を行ってください。確定申告をされた場合は、市・府民税の申告の必要はありません。

 また、申告相談の結果、確定申告の必要がない方は、申告相談の際に作成した、雑損控除に関する計算書及び添付書類を持参し、市・府民税の申告にお越しください。(計算書及び添付書類が無い場合は受付できません。)

お問い合わせ先

市民部 税務課

〒599-0292
大阪府阪南市尾崎町35-1
電話:072-471-5678(代表)
Eメール:zeimu@city.hannan.lg.jp

Web支援ツール

  • Web支援ツールのイメージ
文字サイズ変更
標準大
背景色変更
標準黒
  • よくあるご質問・FAQ
  • 市役所へのアクセス
  • 各課のご案内
トピックス

ページの先頭へ