ナビゲーションを飛ばして本文へ

現在の位置

塩素臭(カルキ臭)を感じる

答え

水道水は、法律(水道法)により塩素消毒が義務付けられており、残留塩素が一定以上(遊離残留塩素1リットルあたり0.1ミリグラム以上)検出されなければなりません。塩素は水中の病原菌を殺菌する働きをしており、水道水が病原菌に汚染されるのを防ぐ目的で注入しています。

一般的に、臭いに対する感度は朝起床したとき一番強いと言われており、朝の使い始めだけ強く感じる場合は、臭いの感度が高くなっているためと思われますので心配はありません。

塩素臭は、濃度が同じであっても気候や水温、体調などにより感じる強さが違うことがあります。この臭いがするということは、水道水が病原菌などから守られていることになります。

地図情報

お問い合わせ先

上下水道部 水道工務課

〒599-0204
大阪府阪南市鳥取74-1 阪南市分室
電話:072-471-5678(代表)、072-470-2155(直通)
Eメール:s-koumu@city.hannan.lg.jp

ページの先頭へ