ナビゲーションを飛ばして本文へ

現在の位置

新型コロナウイルス感染症に関する人権への配慮について(9月16日更新)

 新型コロナウイルスの感染が蔓延する中、誰もが感染するリスクを負っています。感染症の拡大を防ぎながら、私たち「人」は地域や社会とのつながりや関係を保ちつつ、自分らしい生活を創り、取り戻すことが今、一番求められています。

 そのような中、新型コロナウイルス感染症に関して、SNSの拡散やうわさ話などにより、事実に基づかない誤った情報や不確かな情報が出回り、風評被害に苦しんでいる方々がおられます。

 感染された方やそのご家族、職場の方やその他の関係者の方々に対しての誹謗、中傷、不当な差別やいやがらせ、偏見、いじめは決して許されるものではありません。

 本市の小中学校の児童生徒が新型コロナウイルス感染症にり患していることがわかったところですが、不確定な情報や詮索等による風評被害につながるような言動は厳に慎んでいただき、市民の皆様お一人お一人が感染拡大を防ぐ取組と、児童生徒個人及び全体に被害が生じないよう、正しい情報に基づいて冷静に行動していただきますようお願いいたします。

ページの先頭へ