ナビゲーションを飛ばして本文へ

現在の位置

公立保育所・私立認定こども園について

〇家庭での保育(登所・登園の自粛)にご理解とご協力ありがとうございます。

 このたび、国による「緊急事態宣言」が解除され、大阪府においても保育施設への「家庭での対応が可能な場合には、可能な限り、利用の自粛を要請」についても解除されました。

 また、市内小・中学校においても,6月1日より再開されることとなったところです。

 市内の公立保育所・私立認定こども園に通児童の保護者の皆さまには、この間、家庭での保育(登所・登園の自粛)にご理解とご協力いただき、厚くお礼申しあげます。

 市内の公立保育所・私立認定こども園では、今後とも、感染予防に努めてまいりますが、保育施設は、子どもたちと職員が密集・密接する環境が存在し、感染症がまん延しやすい環境にあります。

 保護者の皆さまには、各ご家庭でのお子様やご家族の体調管理などに十分ご留意いただき、新型コロナウイルス感染症の感染リスクの低減・拡大防止のためのご理解とご協力をお願いいたします。

 ※今後の新型コロナウイルス感染症の発生状況によっては、再び「家庭での保育(登所・登園の自粛)」をお願いすることや、臨時休所・休園となることも考えられます。

 

 

〇新型コロナウイルス感染症防止のため保育施設を欠席した場合の利用者負担額(保育料)の軽減対応について

《3月2日~3月24日の取扱い》

本市では、阪南市立小中学校の休業期間(3月2日~3月24日)に新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止に向け、保育施設を欠席した場合、特例的な対応として、利用者負担(保育料)の「日割り計算による軽減」を実施することとしました。保育料は、通常どおりお支払いいただき、その後保育料を減額し、お返しします。

※手続きの詳細につきましては、後日改めてお知らせします。

※今後の対応につきましては、別途お知らせします。

〇新型コロナウイルス感染症拡大防止のため保育施設を欠席した場合の利用者負担額(保育料・給食費)の軽減対応について

《4月8日~5月6日の取扱い》

すでに、3月の阪南市立学校園の臨時休業期間について、新型コロナウイルス感染症の拡大防止に向け保育施設を欠席した場合は、特例的な対応として、利用者負担額(保育料)の「日割り計算による軽減」を実施することとしておりますが、これに加え、この度の臨時休業期間においても軽減対応といたします。

※緊急事態宣言後となりますので、保育料・給食費ともに「日割り計算」とします。

※申請方法についての詳細は、後日お知らせいたします。

※この取り扱いは、新型コロナウイルス感染症拡大防止のための特例措置です。

〇発熱・呼吸器症状等風邪の症状などで体調がすぐれない場

保育施設を休み、家庭での休養をお願いします。また、不要不急な外出は、なるべく控え、お子様の健康管理に十分ご留意ください。

〇育児休業中の保護者が復帰の時期を遅らせた場合の取扱いについて

 本市では、通常、4月から児童が保育施設を利用している場合で、育児休業等からの復帰を予定している保護者については、入所日から1か月以内に職場復帰することを条件とする取扱いをしておりますが、新型コロナウイルス感染症の影響を考慮し、例外的な取扱いとして、令和2年6月末日まで育児休業を延長することを認めます。その他不明な点等ありましたら、こども家庭課までお問い合わせください。

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記のボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。
お問い合わせ先

こども未来部 こども家庭課

〒599-0292
大阪府阪南市尾崎町35-1
電話:072-471-5678(代表)
Eメール:kodomo-katei@city.hannan.lg.jp

Web支援ツール

  • Web支援ツールのイメージ
文字サイズ変更
標準大
背景色変更
標準黒
  • よくあるご質問・FAQ
  • 市役所へのアクセス
  • 各課のご案内
保育所・認定こども園について

ページの先頭へ