ナビゲーションを飛ばして本文へ

現在の位置

阪南市留守家庭児童会について

6月以降の留守家庭児童会について  

(※6月更新) 

 緊急事態宣言は解除されましたが、今後も引き続き、感染防止のための持続的な対策が必要な状況となっています。留守家庭児童会ではより一層の感染防止策を講じたうえ、運営することとしていますが、保護者の皆さまにおかれましても、引き続き感染防止にご協力をいただきますよう、お願いします。

   毎日の検温、うがい手洗い、マスクの着用をお願いします。

【6月1日~12日】

  各小学校の緊急受け入れの終了後から開所します。

【6月13日以降】

  通常の時間からの開所となります。

※市からの要請にもとづき、利用自粛にご協力をいただきました間の保育料については、特例措置として日割り還付を行います。詳細は、各留守家庭児童会から通知文をお渡ししますので、日割り還付にかかる請求書を提出してください。

※保護者の皆さまへの緊急連絡については、指定管理者による緊急連絡ツール「hugmo」での連絡を予定していますので、未登録の方は、お早めのご登録をお願いします。

緊急事態宣言発出にかかる留守家庭児童会の対応について

  新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づく緊急事態宣言が発出されました。医療機関への通院や食料・医療品・生活必要品の買い出し、職場への出勤など、生活の維持のために必要な場合を除き、外出の自粛をお願いするとともに、生活の維持に必要なものを除くすべてのイベントの自粛を要請することが主な内容となっています。

  留守家庭児童会については、国等の通知を踏まえ、感染拡大防止のための措置を講じ、規模を縮小して開所することとしていますが、本地域での感染が発生するなど、規模を縮小しての開所も困難な場合は、臨時休会をせざるを得ないことも想定されます。 

  留守家庭児童会では、手洗いの励行、保育室の換気や消毒をこまめに行い、保育形態を工夫するなど、より一層の新型コロナウイルス感染症の拡大防止を図っていきますが、各ご家庭においても下記のとおりご協力をお願いします。

◆可能な限り、ご家庭で保育いただくよう、ご協力をお願いします。

※このお願いは、新型コロナウイルス感染症の拡大防止に向け、自宅等での保育が可能な場合に限り、ご家庭での保育をお願いするもので、利用自粛を強制するものではありません。

※今回の緊急事態宣言を受けての自粛にかかる保育料については、還付措置を検討しています。詳細が決まり次第、お知らせします。

◆お子様の体調管理に十分ご留意され、毎朝の検温、こまめな手洗い・うがいの励行をお願いします。

◆不要不急の外出を控えていただくようお願いします。

    以上、感染拡大防止のための積極的なご協力をお願いします。

ページの先頭へ